記事一覧

ロイヤル オークがピークを迎える

オーデマ ピゲ ロイヤル オークは、今年で50周年を迎える-このフレーズをタイプするのは今回が最後にしてほしいと心から願って止まない。私は皆と同じようにロイヤル オークが大好きで、ユニークピースやレアモデル、そして特別なモデルが市場にリリースされるのを見るのはとても楽しかった(私は先月ロイヤル オークA2との束の間の出会いをいつも思い出している)。しかし、同時にこれだけ多くの特別なロイヤル オークが市場に出回れば、一般からの興味は少し下火になるのは当然だとも思うのだ。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアクロノ プライドオブジャーマニー 限定モデル26415CE.OO.A002CA.01

型番 26415CE.OO.A002CA.01
機械 自動巻き
材質名 ブラックセラミック・ピンクゴールド・チタン
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー スレートグレー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 44.0mm
機能 クロノグラフ
デイト表示
付属品【詳細】 内箱 外箱 ギャランティー

迫力のある44mmボディーで堂々と存在を主張する「ロイヤルオーク オフショア」。
こちらはセラミックとチタン、ピンクゴールドの3種類の素材を使用した世界300本のリミテッドモデル【ロイヤルオーク オフショアクロノ プライド・オブ・ジャーマニー】です。
シースルーバックから覗くブラック・セラミック製ローターには、ブランデンブルグ門のエングレービングが施されています。
ブランデンブルグ門はドイツの首都ベルリンにある門で、1788年から1791年に掛けてプロイセン王国の凱旋門として建てられ、現在では東西ドイツ統合の象徴とされています。

考えてもみてほしい-これほど多くのユニークなロイヤル オークのバリエーションが一度に出回ることはかつてかなかったことだ-それらの時計に興味を持つ人なら、すでに自分の目に留まった作品を手に取っているはずなので、2022年下半期以降に登場するロイヤル オークは、先日ほどの高値には届かないだろうと予想されるのである。しかし、今現在、5月上旬のフィリップスのロイヤル オーク・テーマセール以降、それなりの回復力が見られる。チューリッヒのオークションハウス、イネイチェン(Ineichen)が先月末にロイヤル オーク・テーマセールを開催して好調な結果を残し、今月ニューヨークのサザビーズでは、これまで知られていなかったユニークピースのブラックセラミックのロイヤル オークグランドコンプリケーションが100万ドル(約1億3371万円)を突破する最高の結果を残したのだ。

「今年は多くのロイヤル オークが市場に供給され、秋シーズンには、50周年記念の年を締めくくるにふさわしい本数が供給されるかもしれません」とブトロスは言う。「しかし、今後、良いロイヤル オークを手に入れるのは厳しいと思います。おそらく、需要が供給を上回る状態が続くでしょうから」。


【関連記事】:一番信用スーパーコピーブランド 口コミ

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー